ハチミツについて

ハチミツができるまで

ハチミツとは蜜蜂が採取した花蜜を巣箱に貯蔵した天然の甘味料です。蜜蜂は体内にある「蜜胃」という蜜袋がいっぱいになるまで、花から花へと蜜を集め、それを巣に持ち帰ると、巣の中で働いている蜜蜂に託します。リレーのように蜜蜂から蜜蜂へと渡り、最後は蜜房に貯蔵されます。この過程で、花蜜に蜜蜂の体内にある酵素が加わり、ブドウ糖と果糖に分解されます。蜜房に蓄えられてからも、蜜蜂たちは羽で風を送り、巣の中の温度と湿度を一定に保ちながら花蜜の水分を蒸発させ、濃縮させていきます。
こうしてハチミツが出来上がると、蜜蜂は蝋(ろう)の膜で蜜房を密閉します。そしてその時がまさに採蜜の時期となります。

蜜蜂の仕事

蜜蜂は巣で女王蜂を中心に大集団で生活をしています。働き蜂は全て雌蜂で、集団生活に必要不可欠な役割をそれぞれ果たしています。 蜜蜂の仕事というとすぐに採蜜を思い浮かべますが、その大役を果たす前に、働き蜂は巣の中での仕事に従事しなくてはなりません。 "内勤"の働き蜂の仕事は幼虫の世話、巣のメンテナンス、採集した花蜜をハチミツにする作業、巣周辺の環境の探索、入り口で見張りなど多岐にわたります。 花が咲き始めると、"外勤"の働き蜂のうち、数匹が探検隊として蜜源を探しに行きます。良い蜜源を見つけると、仲間にダンスで場所を教え、集団で赴き、蜜を集めるのです。

蜜源から戻った働き蜂は,その蜜を巣の中で貯える働き蜂に受け渡します。 こうして様々な役割を担う働き蜂ですが、唯一生殖活動は行いません。これは女王蜂と数匹の雄蜂の役目です。 働き蜂が短い一生を通じて集めることのできる蜜の量は、ティースプーン1杯(約10g)分と言われています。ハチミツは蜜蜂が私たち人間にもたらしてくれる、貴重な自然の産物であるといえます。 また、蜜蜂は果樹を受粉させるので農業関係者からも必要とされています。

養蜂家の仕事

働き者の蜜蜂が良い花蜜を集めることができるようサポートしているのが養蜂家です。 養蜂家の仕事はハードです。巣箱と共に花を追いかけて各地を転々と渡り歩く体力や、自然相手の仕事なので、予期せぬ事態にすばやく柔軟に対応できる能力も問われます。 巣箱を設置する先の果実園や農園と円滑なコミュニケーションをとることも大切な仕事です。そして何よりも蜜蜂たちの良きパートナーでなくてはなりません。

蜜蜂はとてもデリケートな生き物です。常に良いコンディションで活動ができるよう、その健康状態、精神状態(ストレスに弱いので)にも気を配ります。巣箱周辺に汚染源や風のない環境を作り、冬などの緊急時には食糧の補給を行い、また蜜蜂たちでは行えない巣のメンテナンスも行います。
このように蜜蜂と養蜂家の共同作業があってこそ、ハチミツが私たちの食卓に届くのです。

ハチミツの種類

単花蜜と百花蜜

単一の花から採蜜されたハチミツを単花蜜、いろいろな種類の花蜜が含まれているハチミツを百花蜜といいます。 隣に咲いている花の蜜が混ざることもあり得るのですが、実際には、ほぼ100%近く1種類の花だけから採蜜したハチミツというものが存在します。それが単花蜜です。
では、なぜ1種類の花だけの蜜を集めることができるのでしょうか?
それは蜂には訪花の一定性という特殊な性質があるからです。アカシアならアカシアの花が終わるまで、他の花に移ることなく、ひたすら通い続け同じ花の蜜を集めます。このようにして単花蜜は出来上がるのです。百花蜜の場合は蜜源に様々な種類の花(主に野生のもの)が咲いており、自然にブレンドされているケースと、採蜜後にブレンドされる場合と2通りあります。

甘露蜜

蜜蜂は花蜜だけを集めるのではなく、糖分が含まれている樹液(正確にいうと樹液を吸った昆虫が、糖の成分だけを再び樹木に水滴状に残していったもの)も集めます。
それを花蜜同様に巣に持って帰り作られるのが甘露蜜です。
褐色で濃厚な風味を持つのが特徴です。

  • アカシアの有機ハチミツ

  • オレンジの有機ハチミツ

  • ピエモンテの森の有機ハチミツ

  • 栗の有機ハチミツ

  • ユーカリの有機ハチミツ

  • トスカーナの有機ハチミツ

  • コリアンダーの有機ハチミツ

  • クローバーの有機ハチミツ

アカシアの有機ハチミツ

  • 種類

    単花蜜

  • ハチミツの持つ質感(結晶)

    透明感があり結晶化しない

  • 透明感のある金色

  • イタリア採蜜地

    ピエモンテ州&ロンバルディア州(イタリア北部)

風味

くせがなく、なめらかでやさしく繊細で上品な味わい。

お薦めの食べ方

プレーンヨーグルト、チーズと一緒に。 製菓材料やドレッシングにも。どのような素材にもよく合います。

商品情報を見る

オレンジの有機ハチミツ

  • 種類

    単花蜜

  • ハチミツの持つ質感(結晶)

    粘りがあり結晶化する

  • 乳白色

  • イタリア採蜜地

    シチリア&カラブリア州を含むイタリア南部

風味

甘さの中にもふんわりと柑橘系らしい爽やかな風味が香ります。

お薦めの食べ方

塩味や酸味のあるものと相性が良い。乳製品(ペコリノ・ロマーノチーズ、リコッタチーズ、プレーンヨーグルト等)、紅茶、チキンのローストなどにも。

商品情報を見る

ピエモンテの森の有機ハチミツ

  • 種類

    甘露蜜

  • ハチミツの持つ質感(結晶)

    とろみがあり、結晶化することもある

  • 濃い褐色

  • イタリア採蜜地

    ピエモンテ州

風味

森の香りがぎゅっと詰め込まれたハチミツ。奥深い味わいで黒糖を思わせる風味。後味に持続性があります。

お薦めの食べ方

用途は幅広く、様々な素材と組み合わせが可能です。ドライフルーツ(プルーン等)、ホットケーキ、フレンチトースト、肉料理、フルーツ(フレッシュ・パイナップル等)にも。

商品情報を見る

栗の有機ハチミツ

  • 種類

    単花蜜

  • ハチミツの持つ質感(結晶)

    つややかで結晶化しない

  • 褐色に近い琥珀色

  • イタリア採蜜地

    トスカーナ州

風味

コクのある渋皮にも似たビターな風味が特徴。 この苦味はタンニンの後味からくるもの。

お薦めの食べ方

個性的な味と香りは、お菓子や料理の隠し味として使うのに適しています。パンナコッタやパルミジャーノ・レッジャーノチーズなど成熟したチーズに合わせて。豚肉のロースト、マチェドニア(イタリアのフルーツサラダ)などに。

商品情報を見る

ユーカリの有機ハチミツ

  • 種類

    単花蜜

  • ハチミツの持つ質感(結晶)

    粘りがあり結晶化する

  • 明るめの琥珀色

  • イタリア採蜜地

    イオニア海岸(南イタリア)

風味

香り豊かでねっとりとして、結晶化の糖の粒が感じられ、コクのある甘みと爽やかな後味。

お薦めの食べ方

ホットミルクにそのまま入れたり、マスカルポーネやリコッタチーズ、バターを塗ったパン、炒めたシーフードや野菜などに。

商品情報を見る

トスカーナの有機ハチミツ

  • 種類

    百花蜜

  • ハチミツの持つ質感(結晶)

    粘りがあり結晶化する

  • 銅色に近い琥珀色
    (蜜源となる花の種類や配分によって変化。)

  • イタリア採蜜地

    トスカーナ州

風味

コクのある甘みと様々な花の蜜と香りがミックスされ、野原に咲き乱れる花々を思い起こさせるアロマティックな香り。

お薦めの食べ方

パンにぬったり、紅茶に入れたり、フルーツサラダに加えたりとシンプルに味わうのがおすすめ。

商品情報を見る

コリアンダーの有機ハチミツ

  • 種類

    単花蜜

  • ハチミツの持つ質感(結晶)

    粘りがあり結晶化する

  • ベージュに近い琥珀色

  • イタリア採蜜地

    マルケ州

風味

クリーミーな口あたりでコクのあるコリアンダーの花蜜の甘さが楽しめます。(白い花の蜜を集めたものですので、葉の特有な味と香りとは異なります。)

お薦めの食べ方

デザートや飲み物に。チーズ等にもおすすめ。

クローバーの有機ハチミツ

  • 種類

    単花蜜

  • ハチミツの持つ質感(結晶)

    粘りがあり結晶化する

  • ベージュに近い乳白色

  • イタリア採蜜地

    トスカーナ州

風味

クローバーの花のほのかな香りと乳白色でまろやかな口あたり。

お薦めの食べ方

デザート、フルーツ、チーズや様々料理におすすめ。

ハチミツのテイスティング

イタリアには、ハチミツの感覚分析を行うエキスパートが存在します。いわばハチミツのソムリエです。
この資格はイタリア農林政策省認定のもので、取得者の数は約300名に及びます。専門家はどのようにハチミツを味わうのでしょうか。ここで少しプロフェッショナルなテイスティング方法をご紹介しましょう。

  1. Step1 視覚的分析

    ・ハチミツの色味を確認
    淡い、明るい、濃いなど
    ・ハチミツの外観を確認
    結晶化している、均一化されていない、液状であるなど
  2. Step2 嗅覚的分析

    ・匂いの強さを確認
    弱い、普通、強いなど
    ・匂いの特徴を確認
    どのような余韻を感じるのか?花のような、果実のような、香り高い、化学的な、動物的な、など
  3. Step3 味覚的分析

    ・香りの強さを確認
    弱い、普通、強いなど
    ・香りの特徴を確認
    どのような余韻を感じるのか?
    花のような、果実のような、香り高い
    ・味覚を確認
    甘さは?酸味は?苦味は?など
    ・持続性、後味を確認
    ・口に残るその他の感触
    渋い、さわやか、メタリックな、など
  4. Step4 触覚的分析

    ・食感を確認
    液状のハチミツ:なめらか、粘り気のあるなど
    結晶化ハチミツ:柔らかい、かたいなど
    ・結晶の粒子を確認
    細かい、普通、粗いなど
    ・結晶の特徴
    溶けやすい、とげとげしい、丸みのある、柔らかいなど

やってみましょう!

ハチミツを口に含んで、一瞬鼻をつまんでみましょう。ゆっくリと手を離した時、そのハチミツの風味をいっそう強く感じることが出来ます。
そして"香り"も味覚において重要な要素であることが再確認できるでしょう。
※匂いは嗅覚を刺激するもの、香りはよい匂いととらえてください。

いかがですか?
ハチミツのプロフェッショナルはこのようにしてハチミツのテイスティングを行います。 しかし、ご家庭で召し上がる時はもっと気軽に、もっと自由にハチミツを味わってみてください。朝食時にパンやヨーグルトと合わせることの多いハチミツ。でも用途はまだまだたくさんあります。サラダのドレッシング、お肉料理、魚のムニエル、チーズ、様々な食材との組み合わせが可能です。 組み合わせは商品情報、レシピのページをご参照下さい。

商品情報一覧を見る レシピ一覧を見る